映画大好き!おすすめ映画・DVD






.
*Write
*Admin


rss いらっしゃいませ おすすめ映画・DVDやお気に入り映画の感想(甘口)と、 ジョージア@アメリカより最新映画の情報&感想&予告編をお届けしています。


多忙の為お休みさせていただいています。 お世話になっている方々には、ご無沙汰して大変申し訳ありませんm(_ _)m 緊急のメッセージがありましたら cookiemonster3000gmail.com までお願いします。

◆Profile ▼Profile ◆Search ▼Search ◆タグ検索 ▼タグ検索 ◆RSS&ブックマーク ▼RSS&ブックマーク ◆サイトマップ ▼サイトマップ


ユーザータグ検索
予告編 of ヘンリー・カヴィル マン・オブ・スティール Man Cavill Henry Steel ジョニー・デップ タイタニック Quotes 映画 Titanic the to quotes Future Back The アメリカ 公開映画 リーアム・ニーソン Grey ザ・グレイ Twilight Youtube 1 saga Part Breaking dawn Part1 ブレイキング・ドーン トワイライト・サーガ 発売 Blu-ray DVD 今月 公開 今週 Contraband マーク・ウォールバーグ ケイト・ベッキンセイル バルタザル・コルマキュル コントラバンド カーライル ルージーズ ピーター・ファシネリトワイライト Loosies ヴィンセント・ガロ NEW YEAR HAPPY Merry クリスマスソング Christmas ノミネート トワイライト~初恋~ クリステン・スチュワート レビュー ステファニー・メイヤー ロバート・パティンソン ミュージックビデオ アメリカ版 プライドと偏見 ラストシーン トランスポーター3 オーストラリア サンクスギビング 感謝祭 レイク・シティ スペシャル トワイライト ボルト Betrayal 007/慰めの報酬 ダニエル・クレイグ クリスマス・テイル カトリーヌ・ドヌーヴ FUEL ソウル・メン JCVD マダガスカル2 その男ヴァン・ダム バンク・ジョブ サイトマップ 愛をよむひと レイフ・ファインズ ケイト・ウィンスレット チェンジリング プライド・アンド・グローリー パッセンジャーズ ソウ5 ハイスクール・ミュージカル キアヌ・リーブス 地球が静止する日 最新画像 SAW セックス・ドライブ ワット・ジャスト・ハップンド フィルス・アンド・ウイズダム ザ・シークレット・オブ・ビー マックス・ペイン W. リフレッシュ センター・オブ・ジ・アース 3D ワールド・オブ・ライズ 失われた光の物語 エンバー 無料映画 Crackle ブラインドネス RocknRolla Blindness ロックンローラ ブロブ 宇宙からの不明物体 スティーヴン・スピルバーグ ビリー・ボブ・ソーントン シャイア・ラブーフ ミシェル・モナハン イーグル・アイ ザ・エージェント 小説家を見つけたら アンダーワールド:エボリューション ベスト・キッド バズ・ラーマン ヒュー・ジャックマン ニコール・キッドマン 明日に向かって撃て! ロバート・レッドフォード ポール・ニューマン 最後の初恋 YouTube 訃報 追悼 明日に向って撃て! 死去 II フィフス・エレメント ゴーストバスターズ メンインブラック アイアンマン ロバート・ダウニー・Jr Kill ライテゥス・キル バーン・アフター・リーディング Righteous Reading Burn After マーベル マーヴェル スリーパー アベンジャーズ ケイプシューターズ ソアー Caliber フリーダム・フォーミュラ アヴェンジャーズ ダークナイト ウォンテッド Watchmen ウォッチメン ハルク Avengers スーパーヒーロー ブラッド・ピットジョージ・クルーニー コーエン兄弟 国際映画祭 トロント 第33回 Love オーランド・ブルーム I You York, New ロバート・デ・ニーロ アル・パチーノ共演 Dude Dangerous Surfer, Bangkok Babylon A.D. Bunny Death Race デス・レース House Rocker クローン・ウォーズ スター・ウォーズ トロピック・サンダー グラディエーター ミュージック Kissシーン モルダー スカリー X-ファイル キスシーン パイナップル・エクスプレス ヘル・ライド Nim's ジョディ・フォスター Island 幸せの1ページ アビゲイル・ブレスリン ジェラルド・バトラー Kissing ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 アメリカン・ティーン Xファイル:真実を求めて ステップ・ブラザーズ ザ・ムービー Bloopers Xファイル ミート・デイブ ダーク・ナイト ヘルボーイ2 Mia! Mamma Wackness Hancock ハンコック ゲット・スマート ウォーリー ザ・ラブ・グル バトン イメージ インクレディブル・ハルク ザ・ハプニング カン・フー・パンダ エドワード・ノートン セックス・アンド・ザ・シティ 美しすぎる母 ナルニア国物語第2章:カスピアン王子の角笛 アイアン・マン ポスタル ワー・インク インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 ハリー・ポッターと謎のプリンス ザ・スピリット ビカミング・ジェーン 新作映画 ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 心に残る映画の台詞 名台詞 スピード・レーサー ベガスの恋に勝つルール ミャンマー サイクロン ウディ・ハレルソン アメリカ人権活動センター ジェニファー・アニストン ウィル・フェレル ジェーン・オースティン Becoming ジェームズ・マカヴォイ アン・ハサウェイ Jane インディ・ジョーンズクリスタル・スカルの王国 モーガン・フリーマン アンジェリーナ・ジョリー Wanted To X-Files Believe キメ台詞 ルーク・ウィルソン Vacancy モーテル Forbidden Kingdom" タイトル 良い週末を クイズ ジャック・ブラック テネイシャスD 運命のピックを探せ! カイル・ガス 今年観た映画 ハリーポッターと謎のプリンス 最新情報 サラジェシカ・パーカー デニス・クウェイド キアヌ・リーブス、フォレスト・ウィティーカー Smart People Kings Street 運命のピックを探せ!予告編 Public Enemies マイ・ブルーベリー・ナイツ Ruins Leatherheads ふしぎな世界のダレダーレ 森のリトル・ギャング ビー・ムービー ホートン Movie 21 アメリカ公開映画 Superhero ニコロデオン・キッズ・チョイス・アワード 2008 つぐない キーラ・ナイトレイ アン・マキューアン 贖罪 やわらかい手 Shutter Drillbit Taylor Enchanted 魔法にかけられて エイミー・アダムス ディズニー映画 Funny Angels Snow Doomsday Games スノー・エンジェルズ パラノイド・パーク 紀元前1万年 Awake Clayton Night ジョージ・クルーニー Michael アウェイク フィクサー ペネロピ Penelope Boleyn ランジェ公爵夫人 バンテージ・ポイント ビー・カインド・リワインド チャーリー・バートレット ヒトラーの贋札 ウィットレス・プロテクション ザ・シグナル フィリップ・K・ディック ネクスト NEXT ニコラス・ケイジ ケイト・ブランシェット エリザベス ゴールデン・エイジ Golden ヘイデン・クリステンセン スパイダーウィック家の謎 ジャンパー インディアナ・ジョーンズ ハリソン・フォード ロマンティック ロマンティックな台詞 バレンタイン ハッピー レミーのおいしいレストラン ファインディング・ニモ Garfield Compass ライラの冒険 黄金の羅針盤 ダイモン ダコタ・ブルー・リチャーズ チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War ショコラ CHOCOLAT ミート・ザ・スパルタンズ ランボー/最後の戦場 アントレーサブル 27 Teeth Dresses Cassandra's Day Cloverfield Zero Ledger ヒース・レジャー Heath ブロークバック・マウンテン 発表 第80回 アカデミー賞 ファースト・サンデー スターダスト Cox Credits Rule おすすめ映画 Stardust ロマンス ファンタジー アドベンチャー ニール・ゲイマン 12月 アイ・アム・レジェンド ワールド・エンド スペシャル・エディション NG集 パイレーツ・オブ・カリビアン 二コール・キッドマン ジューノ Juno Gone Atonement Grace スウィーニー・トッド ティム・バートン シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦 メリル・ストリープ 母の眠り レニー・ゼルウィガー ジェシカ・アルバ へイデン・クリスチャンセン アウェィク 12月1週目 スウィーニー・トッド最新動画 Sweeney Johnny Depp Todd 歌声 スウィーニー・トッドフリート 街の悪魔の理髪師 in コレラの時代の愛 呪われし勇者 ベオウルフ ロバート・ゼメキス Beowulf ダスティン・ホフマン ナタリー・ポートマン マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 Valkyrie ブライアン・シンガー ワルキューレ トム・クルーズ Lions 大いなる陰謀 Lambs アリシア・シルヴァーストーン きのうから来た恋人 ブレンダン・フレイザー クリストファー・ウォーケン シシー・スペイセク デイヴ・フォーリー タイムトラベラー コマーシャル ハロウィン ハロウィン映画 Halloween ダン・イン・リアル・ライフ マトリックス ジェフリー・ラッシュ エリザベス:ゴールデン・エイジ スタンリー・キューブリック 時計じかけのオレンジ マーヴェリック リチャード・ドナー メル・ギブソン フランシス・コッポラ ジェフ・ブリッジス タッカー ジョージ・ルーカス マイケル・クレイトン ジョーニー・デップ Kingdom キングダム ジェイミー・フォックス 見えざる敵 Yuma 3:10 クリスチャン・ベイル トゥ・ユマ 3:10 ラッセル・クロウ アンディ・ガルシア 暗殺の丘 ロルカ キャメロン・ディアス メリーに首ったけ リトル・ヴォイス ELIZABETH ラン・ローラ・ラン ザ・ブレイブ・ワン ブラッド・ピット Superbad スーパーバッド ブログパーツ ファンタスティック・フォー ファンタスティック4 銀河の危機 1408 スティーブン・キング マイティ・ハート Heart Mighty 愛と絆 Transformers トランスフォーマー予告編 ヘアー・スプレー ジョン・トラヴォルタ ニュース ラッキー・ユー ドリュー・バリモア 公開前 Weekend トップ10 スター・トレック スコティー 300 スリーハンドレッド スパイシー・ラブ・スープ Hogs ワイルド・ホッグス Wild ラブソングができるまで ラブコメ Lyrics Music ジョン・トラボルタ コメディ 真田広之 サンシャイン Sunshine 2057 第79回 フランク・ミラー DREAMGIRLS ドリームガールズ ファウンテン Fountain リトル・ヴォイス Holiday ホリデイ エニイギブンサンデー ユマ・サーマン Gガール Shepherd パロディー映画「エピック・ムービー」(Epic Gガール,破壊的な彼女 エイミー ヒラリー・スワンク フリーダム・ライツ Freedom German グッド・ジャーマン アンダーグラウンド 黒猫白猫 エミール・クストリッツァ アホ映画 ナイトミュージアム 博物館 Museum ホリディ ジュード・ロウ エラゴン 遺志を継ぐ者 アポカリプト Apocalypto ブラッド・ダイアモンド シックス・センス シザーハンズ 34丁目の奇跡 オススメ映画 クリスマス ナイトメアー・ビフォア・クリスマス アルナーチャラム 踊るスーパースター 動画配信 Stickamプレーヤー スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 エピソード1/ファントム・メナス ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 テルマ&ルイーズ フォーエバー・フレンズ ブレードランナー フライド・グリーン・トマト この森で、天使はバスを降りた 哀愁の映画 永遠と一日 サンキュー、ボーイズ はじめに トルーマン・カポーティ Capote カポーティ Flushed Away ロディとリタの大冒険 マウス・タウン おすすめ 名画 メッセージ・イン・ア・ボトル あの娘と自転車に乗って キルギスタン ケヴィン・スペイシー アメリカン・ビューティー Prestige インタビュークリップ バッファロー'66 ヴィンセント・ギャロ セントラル・ステーション ロードムービー ブラジル映画 October 遠い空の向こうに Sky ロケットボーイズ ポール・トーマス・アンダーソン マグノリア パルプ・フィクション シティ・オブ・エンジェル ニュー・シネマ・パラダイス ライフ・イズ・ビューティフル ダンス・ウィズ・ウルブズ レオン ショーシャンクの空に ディパーテッド レオナルド・ディカプリオ ウェイクアップ!ネッド コンタクト カール・セーガン エンニオ・モリコーネ バベル 役所広司 スウェーデン映画 長くつ下のピッピ ロッタちゃん はじめてのおつかい マイノリティ・リポート スティーブン・スピルバーグ Diamond Blood 紛争ダイヤモンド コンフリクトダイアモンド クエンティン・タランティーノ Infamous マット・デイモン ジャック・ニコルソン インファナル・アフェア マーティン・スコセッシ サンドラ・ブロック イルマーレ 感動 ジェームズ・キャメロン スリーピー・ホロウ イタリア シャンドライの恋 ベルナルド・ベルトリッチ ノッティングヒルの恋人 プリティ・ブライド ドイツ映画 ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア チョウ・ユンファ アンナと王様 歴史大作 季節の中で Seasons Paradise ドン・ジョンソン 愛に翼を メラニー・グリフィス 理想の結婚 ワンダーランド駅で アナとオットー 逢いたくてヴェニス グリーンマイル ベルリン~天使の詩 月の輝く夜に シティオブエンジェル メグ・ライアン トゥルー・ロマンス ナイトメア・ビフォア・クリスマス デッドマンズ・チェスト ライオンと魔女 ファイト・クラブ ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ ガイ・リッチー ロベルト・ベニーニ イタリア映画 エリザベスタウン キルスティン・ダンスト 
プロフィール
tess

Piedmont park@アトランタ

メールお待ちしておりまーす
☆cookiemonster3000gmail.com
を @ に変えてくださいね


  • 好きな映画 :ファンタジー、SFファンタジー、ロマンス。お気に入りの映画は何度でも観る。

  • 好きなもの :ホームページのデザイン。洗濯。チョコレート(special dark)、海、音楽、Sparkling wather、バーゲンセール、Ctrl+C ,Ctrl+V, Ctrl+S、ファンタジー、ロールプレイング、オンラインオークション
  • 好きな場所 :自然の中、砂浜、美術館。

  • 家族構成 :夫と7歳の息子JR(ジェイアール)、義母、義母の犬&猫。ジョージア在住。

  • 特徴:気さく、すぐハマる性格、天然@、かなりおばさんのくせに精神年齢が低い。

  • 元プログラマ、インターネット放浪歴のべ15年くらい。以前ハマったロールプレイング:Ultima Online

  • お気に入り映画:ニュー・シネマ・パラダイスライフ・イズ・ビューティフルダンス・ウィズ・ウルブズ、レオン、ショーシャンクの空に、パルプ・フィクションタイタニック、グラディエーター、Twilight saga、その他多すぎて書ききれないのでパス

  • お気に入り俳優&女優:ジョニー・デップ、ニコラス・ケイジ、ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン、トム・クルーズ、ジョディー・フォスターナタリー・ポートマン、スーザン・サランドン、ドリュー・バリモア、ヘイデン・クリステンセン、レオナルド デカプリオ、メグ・ライアン、レイチェル・ワイズ、キャシー・ベイツ、ジャック・ブラック、ユマ・サーマン、キャメロン・ディアス、シャーリーズ・セロン、ケイト・ハドソン、サンドラ・ブロック、オーランド・ブルーム、ラッセル・クロウ、トム・ハンクス、ブレンダン・フレイザー、スティーブ・ブシェミ、オーウェン・ウィルソン、
    ゲイリー・オールドマン、マリリン・モンロー、ジュリア・ロバーツ、メリル・ストリープ、ティム・ロビンス、アシュトン・カッチャー、ショーン・ペン、
    キーファー・サザーランド、その他大勢。。。

  • アメリカに来て10年、そのわりに英語はまだまだトホホ。

  • 育児と家事で毎日が飛ぶように過ぎていき、
    趣味の時間も大好きな映画を観る時間も極めて少ないのですが、今は息子と思い切り遊ぶ毎日をエンジョイ♪しようと思っています。。。息子と同じくらいエネルギーが欲しい。(苦笑)


☆TB/コメントお気軽にどうぞ♪
多少お返事&お返しTBが遅れる事がありますがどうぞよろしくお願いします☆

はじめてのご訪問の方は、よろしかったら「はじめに」もご覧くださいませ☆彡(^ー^)
2007/11/11

タイムトラベラー きのうから来た恋人 

ヒュー・ウィルソン監督 (『ファースト・ワイフ・クラブ』『ポリス・ストーリー』)による、 カルチャー・ギャップをテーマにおまぬけ爆笑モードで綴ったファンタジー・ラブ・コメディです。


タイムトラベラー~きのうから来た恋人~ ストーリー
1962年10月、L.A.。キューバ危機のさなか、天才発明家のカルヴィン(クリストファー・ウォーケン)は、 ひょんな勘違いから 臨月の妻ヘレン(シシー・スペイセク)と、自らが地下につくりあげた核シェルターへ避難。 シェルターで生まれたアダム(ブレンダン・フレイザー)は50年代紳士の鑑のような男に成長した。 35年後の1997年。シェルターの自動ロックが解除され、ようやく地上に出たカルヴィン(クリストファー・ウォーケン)は銃をもった若者やオカマに遭遇、 ショックで寝込む。彼の代わりに地上に出たアダムは初めてみる世界に感激、歩き回ったあげく道に迷ってしまう。 現金を手に入れるため野球カードを売ろうとしてだまされそうになったところを、彼は店員のイヴ(アリシア・シルヴァーストーン)に救われる。 こうしてアダムと知り合ったイヴだが、、、(goo映画より)


タイムトラベラー きのうから来た恋人
(1999)USA 
原題:BLAST FROM THE PAST
監督:ヒュー・ウィルソン
キャスト:
ブレンダン・フレイザー (Adam Webbers)
アリシア・シルヴァーストーン (Eve)
クリストファー・ウォーケン (Calvin Webbers)
シシー・スペイセク (Helen Thomas Webbers)
デイヴ・フォーリー (Troy)





飛行機の墜落音を核爆弾とカン違いし、 そこで生まれた息子のアダム(ブレンダン・フレイザー)とともに35年間も シェルター生活をしているという設定がなんとも奇抜。(笑)
何より最高に可笑しいのが、クリストファー・ウォーケン演じる父親と、 シシー・スペイセク扮する母親の浮世ばなれした ナイスボケ@キャラクターです♪

35年ぶりにシェルターの扉が開くのを見ながら大喜びするふたりが、 ツイストを踊り出すシーンが爆笑もので必見です!

シールド服を着て地上に出たクリストファー・ウォーケンが、ドラッグクィーンと 遭遇して”ミュータント”だと思ったり、 アダルトビデオの店に入るや否や仰天して”透明な毒ガスが出てる”と 飛び出したりと、最高に笑わせてくれます♪

そんなクリストファー・ウォーケンが地下からエレベータで出現したのを見て”神”だと 信じ込んだ酒場の男にも大爆笑。
次に寝間着姿で現れたヘレン(シシー・スペイセク)を”マリア様”、息子のアダム(ブレンダン・フレイザー)を ”神の子” と崇めるおまぬけギャグの連発。


そして何といっても、両親譲りの古き良き時代のマナーを身につけ 無垢な青年演じる愛すべき主人公のアダム演じる ブレンダン・フレイザー魅力が満載
地上で当面の生活用品と食料、おまけに花嫁捜しまで始める展開。
クラブで2人の女を相手にジルバを踊るアダムことブレンダン・フレイザーがセクシーでとってもカッコ良かったりします♪
ハムナプトラ』のブレンダンもかなり好きなんですが、この映画では彼のコメディセンスが更に光っています☆

イヴ役のアリシア・シルヴァーストーンもチャーミングですし、”アダムはお間抜けだけれど彼こそ本物”だとイヴに気付かせる ルームメイトのゲイのトロイ(デイヴ・フォーリー)がこれまた良い味をだしています。

ラストは、当然ハッピーエンド♪(笑)
たまには、こういうおバカなファンタジー・ラブ・コメディがあってもいいんじゃないでしょうか☆

お笑いスパイスのいっぱい入ったじゃがいもクリームシチューといった感じ (何のこっちゃ 笑;;;)

クリームシチューが大好きな方、ぽちっとおねがいしまーす(更に意味不明)

お気に入り度★★★★




                人気ブログランキングへ  

2007/09/28

メリーに首ったけ (There's Something About Mary) 

ファレリー兄弟監督の下ネタ満載の爆笑ラブ・コメディですね。
キャメロン・ディアスの人気を決定づけた作品です☆

メリーに首ったけ
(1998)USA 119分
ジャンル コメディ/ロマンス
原題:There's Something About Mary
監督:ビー・ファレリー、ピーター・ファレリー
キャスト:キャメロン・ディアス、マット・ディロン、ベン・スティラー、 リー・エバンス


ストーリー:
気弱な男テッド(ベン・スティラー)は高校生の時に出会い恋をした美女メリー(キャメロン・ディアス)を13年間もずっと思い続け ている。メリーがマイアミに住んでいると知ったテッドは友人の紹介のアヤシイ保険調査員に彼女の事を調べるよう依頼するが 、メリーの美しさに保険調査員も恋をしてしまう。そしてメリーの周りには彼女のハートを狙う男たちがたくさんいると知ったテッ ドは・・?。お下品だけどキュートな魅力たっぷりのラブ・コメディ。

洋画 ランキングに参加中☆ ←マウスを絵にあわせてみてネ♪
クリックもしてみてね~!




メリーに首ったけ キャメロン・ディアス演じる高校生メリーは男子ども憧れのマドンナで、 彼女には知的障害の弟が・・・ 一方、ベン・スティラー演じるテッドは 歯に矯正器をつけた冴えない高校生。
そんな彼が、メリーの弟をいじめから守り、 それを知ったメリーは、テッドと”プロム”に行くことを OKするのですが・・・

それからは、愛すべき爆笑の連発
迎えに行ったメリー宅のトイレでナント○▽■*△・・・!
とにかく失態を演じ、チャンスをふいにしてしまったテッド。
彼は、そのときの気持のまんま13年間もずーっとメリーに恋焦がれています。
その純情ぶりも最高♪
メリーがマイアミに住んでいると知ったテッドは友人の紹介のアヤシイ保険調査員(マッド・ディロン)に 彼女の事を調べるよう依頼するのですが、メリーの美しさに保険調査員も恋をしてしまいます。
そしてメリーの周りには彼女のハートを狙う男たちがたくさんいると知ったテッド。

メリーを横取りしようとする悪徳探偵のマッド・ディロンの ギャグもめちゃくちゃ可笑しいです☆
その他、ストーカーと化す探偵や、チクリ魔のタッカーなど メリーに首ったけになる男たちったら、 まるで愛すべきガキンチョ。(笑)
そして、とにかくキャメロン・ディアスのキュートな魅力100%。それをとりまくキャストたちの おまぬけギャグがスゴク可笑しいです(笑)

エッチねた系ギャグに爆笑しながらも下品に染まらず、 キュートで清々しい純情風味に仕上がっているのも、 きっとキャメロン・ディアスの 魅力に違いないと思います☆


お気に入り度★★★☆
おすすめ度★★★★


映画全般へ
キャメロン・ディアス関連のおすすめ映画
ホリデイ チャーリーズ・エンジェル フルスロットル コレクターズ・エディション ベスト・フレンズ・ウェディング バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション
マスク イン・ハー・シューズ  普通じゃない
ギャング・オブ・ニューヨーク シュレック エニイ ギブン サンデー

                人気ブログランキングへ  

2007/09/22

ラン・ローラ・ラン(Lola Rennt) 

今日は久しぶりに、過去に観たドイツ映画ラン・ローラ・ラン(1998)の感想です。
ドイツではもちろん大ヒットし、街にはローラのような真っ赤な髪の女の子があふれたという話題作です♪

昔書いた感想は、おバカ丸出しで今読むと自分でも恥ずかしくて噴出してしまうのですが。。(笑) 失礼な表現があったらお許しくださいませ。

ラン・ローラ・ランラン・ローラ・ラン
フランカ・ポテンテ モーリッツ・ブライプトロイ ヘルベルト・クナウプ

ポ ニーキャニオン 2003-08-20
売り上げランキング : 47835
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G- Tools
ラン・ローラ・ラン
原題:Lola Rennt

(1998)ドイツ 
監督・脚本・音楽:トム・ティクヴァ
キャスト:フランカ・ポテンテ,モーリッツ・ブライプトロイ, ヘルベルト・クナウプ,ニナ・ペトリ,アーミン・ローデ

ストーリー:
舞台はベルリン。恋人のマニから「10万マルクをなくした。12時にボスに殺される」という電話を 受けたローラ。 残された時間は20分。ローラは受話器を投げ出し、マニの命を救うため、その金を工面すべく街へと飛び出した!

最初にネタバレ誤っておきます。
タイトルの通り、 恋人マニの命を救うため、20分間をひたすら駆け抜けるレッドヘアのローラ。
アングルを変えながら爆走し続ける展開は音楽の効果もあって、 スゴイインパクトありです! とにかく始めから最後まで パワフルなローラの走りっぷりに脱帽
ローラの走る姿そのものの潔い美しさと映像と音楽とが一体になって 全編を引っ張っていく感じなんです。
しかも一度終わったと思った二人のラブストーリーが巻き戻されて、 再び始まるというユニークな構成
コミックス的なノリのネタがなんと3ターンという手法に、 やられたぜ~っという感じでした(笑)
2ターン目から、次はどんな結末なのかあれこれめぐらせる余裕もなく、 夢中で走るローラと同化して、頭の中真っ白(xx)―☆
ドイツ映画の新しい風を感じさせてくれました。

観終わった後は、ペパロニピザを食べて、マカロニグラタン 食べて、 最後のキメにジャーマンポテトピザを思いっきり食べてお腹いっぱいな映画でした。(笑) お気に入り度★★★★
おすすめ度★★★★

☆応援してくれた方どうもありがとうございます(^^)☆
心優しい方クリックおねがいしまーす(*^^)☆ブログ村

                人気ブログランキングへ  

2007/03/26

ラブソングができるまで(Music and Lyrics)♪ 

先日、ヒュー・グラントとドリュー・バリモア初共演のラブコメ
Music and Lyrics」(ラブソングができるまで)
を観ました♪
Music and Lyrics 映画全体が80'sのヒット・ソングのパロディ感覚にあふれていて面白いですし、 そして見どころは、何と言ってもヒュー・グラントはじける歌と踊り
特に、冒頭流れる80年代に流行ったグループのプロモで、歌って踊っているヒュー・グラント扮するアレックス、 最高にうけてしまいました!
音楽、衣装やメイク、腰の振り方なんかも最高です!(笑)
あぁ、80年代ってこんな感じだったのよね~と、当時を懐かしんでみたり。 もちろん、80年代を知らない人が見ても、”おぉ、80年代ってこんな感じだったのぉー?面白~い” と、爆笑できること請け合いです♪
ヒュー・グラントはこういう役をやらせると最高に光ってカッコイイんですよね~。
46歳とは思えないほどキュートで可愛い。(笑)
Love Actuallyでも踊りを披露してくれたヒューですが、この映画ではさらに弾けています!
あ、少しはドリューのことを書かないと不公平ですね。
もちろん、ドリュー・バリモアも可愛いです。何と言っても笑顔が最高に可愛い♪
素直に楽しんで観られるラブコメです♪
すべての人にオススメ!

ところで、この映画の中で、ヒューとドリューがデュエットしています♪
”国内盤”&”輸入盤”サウンドトラックも出ているようですので、ヒューのファンの方要チェック!

Music and Lyrics」(ラブソングができるまで)
日本公開:GWの予定
監督: マーク・ローレンス
キャスト: ヒュー・グラントドリュー・バリモア、ブラッド・ギャレット、クリステン・ジョンストン、キャンベル・ スコット

公式サイト(日本語)
公式サイト(英語)

ストーリー:
今やすっかり落ち目になった80年代のポップスター、アレックス(ヒュー)のもとに、人気絶頂の歌姫、コーラからデュエット曲の作曲&収録のオ ファーが舞い込んだ!まさにカムバックを果たす絶好のチャンス!しかし1つ問題が・・・。彼はもう何年も作曲をしていない上に、作詞の経 験は一度もない。しかし数日中にヒット曲を作らなければ再起の道はない。そんな時に現れたのが、彼の家の植木の世話をするユニークで 気まぐれなソフィー(ドリュー)。抜群の言葉のセンスを持つソフィーは、作詞に苦しむアレックスにとってまさに救いの女神。ところが、過去のひ どい恋愛から立ち直ったばかりの彼女は、誰かと共同で何かをすることに気乗りしない。特に交際恐怖症のアレックスなど、もってのほか。し かしピアノを通じて絆を深めていくうちに、二人は諦めかけていた愛と成功を手にするため、それぞれの心と音楽に向き合っていくことに・・・。

☆ランキングに参加中☆
心優しい方ぽちっとおねがいします(*^^)(*- -)(*_ _) ☆⇒ブログ村



                人気ブログランキングへ  

2007/02/14

Gガール-破壊的な彼女-(My Super Ex-girlfriend) #2 

Gガール-破壊的な彼女-」観ました♪
これは、期待通りのおバカ級映画でした。(笑) 下ネタなんかも結構あってその辺が“エロかっこいい”んですが、 スーパーマン並みの力を持つGガール演じるユマ・サーマンが超ミニスカートコスチュームに身を包み、 スクリーン狭しと飛び回ったり、嫉妬に狂って物凄い血相で爆裂する様は笑えます。


ブログ村へ Gガール-破壊的な彼女- 原題:My Super Ex-girlfriend 1時間38分
製作年: 2006年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年 2月
上映時間: 98分
監督:アイヴァン・ライトマン
脚本:ダン・ペイン
製作:ギャヴィン・ポローン   アーノン・ミルチャン
製作総指揮:ビル・カラッロ
衣装デザイナー:ローラ・ジーン・シャノ
音楽:テディ・カステルッチ
撮影監督:ダン・バージェス
出演:ユマ・サーマンルーク・ウィルソン 、アンナ・ファリス、レイン・ウィルソン、エディ・イザード、ワンダ・サイクス
公式サイト(日本語)

予告編

Story
建設会社で働くマット(ルーク・ウィルソン)は、地下鉄で眼鏡美人(ユマ・サーマン)に声をかける。 だがその瞬間に彼女がひったくりにあい、犯人をつかまえた彼はその美女とデートの約束をとりつける。 そのころ、NYは超人的パワーを持つ正義の味方“Gガール”の話題でもちきりだったが、じつはその美女こそがGガールで。。。

知的美人のユマ・サーマンなんですが、こういうおバカ映画に出てしまうところがスゴイですね。
B級タッチのラブコメ+なかなかのSFXで、大きなスクリーンで観ると迫力が楽しめるかもしれません。
(私は残念ながら、DVDで観賞でした。)

多少馬鹿馬鹿し過ぎて、笑うのを忘れてしまうところもあったんですが(笑)、 この映画の見どころは、何と言ってもゴージャスで魅力たっぷりなユマ・サーマン熱演ぶりコスチューム、 それに尽きるんじゃないでしょうか。
マット役のルーク・ウィルソンも、なかなか好演しています。

以下激しくネタバレしていますので、映画をご覧になった方かネタバレoKな方は、マウスを下のどこかに合わせて読んでくださいませ。
二人のベットシーンで、ジェニーがベットを壊した後の台詞に爆笑しました~。
日本語でいうと恥ずかしいので英語のままですいません。
ジェニー:I'm sorry. I'll get you a new one.
マット:A bed or a penis?
ジェニー:Both.

特に笑えたのが、マットがカーラと一緒に寝ているベットに、
ユマ・サーマン扮する“Gガール”ことジェニーが激怒して、特大のサメを窓から放り込むシーン、 迫力あって爆笑ものでした。
何も知らないカーラが”Why did G-Girl throw a shark at us? ”とキョトンとしていうのも可笑しかった。

恋人役のマット(ルーク)がバラの花束を彼女に差し出すシーンで、
ジェニー(ユマ・サーマン)が怖い顔で”何よぉーこれ!こんなもので許すとでも思ってるのー?!” ”What the hell are you doing here!”とバラをバサっと叩いた後の彼女の変わり様がスゴク可笑しかったですし可愛かったかな。
(マットが”そんなことは思ってもいない。ただ、君を愛しているし元のように一緒にいたいと思っただけなんだ” みたいな事を言ったとたん、バラを抱きしめて”まぁ、、、何て綺麗なバラ。ごめんなさいね”、、、という台詞と表情が可笑しかったです!)

スーパーマン並みの桁外れな力を持つGガールが人々を助けたりするシーンもあるのですが、 他のスーパヒーローものとはちょっと路線が違うし、 下ネタがあるのでお子様にはあまりおすすめできないですね。
今日はバレンタインですし、デート映画なんかにいかがでしょうか?(笑)
お気に入り度★★★☆
おすすめ度★★★☆

☆応援してくれた方どうもありがとうございます(^^)☆
心優しい方、ぽちっとお願いします~☆(ランキング) ☆映画村


                人気ブログランキングへ  

2007/01/27

Gガール-破壊的な彼女-(My Super Ex-Girlfriend) 

日本ではもうすぐ(2007年2月10日)の「Gガール-破壊的な彼女-」、予告編で観ると結構笑えそうです♪
スーパーヒロインとごく普通の男性の恋愛を描くパワー全開の“エロかっこいい”ラブコメディ
何もかもがケタ外れの美女と付き合うスリリングな恋を面白可笑しく描きます。
ゴージャスなヒロインに『キル・ビル』シリーズのユマ・サーマンが扮し、彼女のパワーに恐れをなして逃げ出す会社員を 『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのルーク・ウィルソンが熱演しています。

予告編
My Super Ex-Girlfriend My Super Ex-girlfriend 1時間38分
製作年: 2006年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年 2月
上映時間: 98分
監督:アイヴァン・ライトマン
脚本:ダン・ペイン
製作:ギャヴィン・ポローン   アーノン・ミルチャン
製作総指揮:ビル・カラッロ
衣装デザイナー:ローラ・ジーン・シャノ
音楽:テディ・カステルッチ
撮影監督:ダン・バージェス
出演:ユマ・サーマン、ルーク・ウィルソン 、アンナ・ファリス、レイン・ウィルソン、エディ・イザード、ワンダ・サイクス
公式サイト(日本語)

Story
建設会社で働くマット(ルーク・ウィルソン)は、地下鉄で眼鏡美人(ユマ・サーマン)に声をかける。 だがその瞬間に彼女がひったくりにあい、犯人をつかまえた彼はその美女とデートの約束をとりつける。 そのころ、NYは超人的パワーを持つ正義の味方“Gガール”の話題でもちきりだったが、じつはその美女こそがGガールで。。。

この映画の感想記事は、こちらです♪

                人気ブログランキングへ  

2007/01/12

The Holiday(ホリディ)観ました☆ 

アメリカでは去年の12月8日から始まった「The Holiday 」クリスマスに観て来ました♪
こ~んなにラブリーな映画を観たのは久しぶりです
キュートで心温まるラブロマンス・コメディです
それもそのはず、監督は「恋愛適齢期」のナンシー・メイヤーズ。脚本も良かったです。
女性の視点から描いたストーリーだけあって、安心して最初から最後まで幸せな気分で観られました。
全体がとってもロマンチックで楽しい雰囲気、音楽&セリフも洒落ていて笑いもいっぱい

The Holiday


The Holiday (ホリデイ)
ジャンル:ロマンスコメディ
監督:ナンシー・メイヤーズ(『恋愛適齢期』 『ハート・オブ・ウーマン』 『The Parent Trap』)
出演:キャメロン・ディアスケイト・ウィンスレットジュード・ロウジャック・ブラック、イーライ・ウォラック他
上映時間:2時間18分
公式サイト: 公式サイト(英語)
公式サイト(日本語)

ストーリー:
ロサンゼルスに住むアマンダ(キャメロン・ディアス)は、ハリウッド映画の広告制作の会社の美人社長。 ロンドン近郊に住むアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、新聞社に勤めるジャーナリスト。 同棲していた男に浮気されたアマンダ、好きな男が他の女性と結婚してしまうことになったアイリス。 バケーションに飛び立ちたくなったアマンダが、ネットサーフをして見つけたのが「ホーム・エクスチェンジ」。 そこで彼女は、イギリスの片田舎のアイリスの家を見つけ、早速メールしてみると、、、 お互い失恋のどん底というヘンなタイミングがぴったり合った二人は、2週間のクリスマスホリデーの間だけ house exchange(住む家を交換)することに合意。
目的地に着いた2人はまったく予期していなかった展開に。。。 イギリスの田舎の小さな家に着いたアマンダはアイリスのハンサムな兄グラハム(ジュード・ロウ)と出会い、 LAの大豪邸に着いたアイリスは、アマンダの仕事仲間で映画音楽制作をしているマイルズ(ジャック・ブラック)に出会うのです。。。


何と言っても可愛いのが4人のキャラクターたち、それらを演じる豪華なキャストたちが良い味を出しています♪
アマンダ演じるキャメロン・ディアスとアイリス演じるケイト・ウィンスレット、 アマンダと恋に落ちるアイリスの兄役のジュード・ロウ、アイリスと恋に落ちる映画音楽制作を演じるジャック・ブラック

キャメロン・ディアズは、めちゃくちゃキュートでした。
8年前の「メリーに首ったけ」にも増して、ひたすら可愛いかったです。
多少小じわは増えたかもしれませんが、ナイスなプロポーションにセンスの良いアウトフィットが素敵でした!
キャメロンと好対照のスーパーナチュラル派のケイト・ウィンスレットはこれまた可愛かった
彼女のコメディはあまり観た事がなかったせいか、スゴク新鮮で好感が持てました。
そしてまたジャック・ブラックが良い味を出しています。
いつものアホ役とは違って(失礼)、この映画ではユーモア溢れる面白くて優しいナイスガイを演じているんです。
(彼のいつもの馬鹿げた面白さも好きなんですけどね~!)
そしてなんと言っても極めつけは、ハンサムジュード・ロウ
ちょっと顔がふっくらした気がしたんですが、笑顔がなんとも言えず素敵でとろけそうでした。

さて、キャラクターのみならず、英国の美しい雪景色やアメリカらしさを強調した映像の対比や、 ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットの話すイギリス英語と、キャメロン・ディアズ、ジャック・ブラックの話すアメリカ英語も楽しめます。
その他、アイリス(ケイト・ウィンスレット)と近所に住むハリウッドの脚本家アーサー(イーライ・ウォラック)との心温まるエピソードも交え、 ロマンチックで楽しい2時間18分でした♪
ネタバレになるので、これくらいにしておきます。

ラストは思いっきり幸せな余韻に浸れました。

気になる日本公開は3月24日
女性&カップルに超おすすめです!
男性の方ももちろん、彼女をデートに誘って一緒に観に行ってはいかがでしょうか。きっと喜ばれるのでは?

お気に入り度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆

予告編ラブリー度を是非チェックしてね。

ランキングに参加しています♪
クリックしていただけると励みになりまーす

そういえば、ホーム・エクスチェンジってご存知でしたか
会員制で、年会費が3000円~10000円ぐらい(主催会社により異なるようですが)。
世界中どこからでも登録ができるんです。

要するに、宿泊代がタダで、経済的に旅行ができて、
世界中に仲間ができる可能性☆

おもしろそうなしステムですよね~


ホーム・エクスチェンジ(Home Exchange)
ホーム・エクスチェンジってこんなサイト HomeExchange.com
”You stay in my house while I stay in yours”
その他のホーム・エクスチェンジサイト
IHEN.com(The International Home Exchange Network)


                人気ブログランキングへ  

2006/11/19

メッセージ・イン・ア・ボトル 

ニコラス・スパークスの原作を、「男が女を愛する時」の ルイス・マンドキ監督が映画化した心に染みるラブストーリーです。 浜辺に打ち上げられたメッセージ入りの瓶をある女性が拾ったことから始まる大人の悲恋物語。。。

メッセージ・イン・ア・ボトルメッセージ・イン・ア・ボトル

イーストウエスト・ジャパン 1999-05-26
売り上げランキング : 278442
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(1999)USA 131分
原題:MESSAGE IN A BOTTLE
監督:ルイス・マンドキ
キャスト:ケビン・コスナー、ロビン・ライト・ペン、ポール・ニューマン

物語は、シカゴの新聞社で働くテリーサ(ペン)が、 休暇中の海岸でビン入りの手紙を拾うところから、 始まります。
そこに書かれていたのは、 いまは亡き妻に贈られた美しい愛のメッセージ・・・
そのビン入りの愛の手紙にしたためられた男の亡き妻への思いに 心ひかれるテリーサ。
そして、メッセージの彼ギャレット(コスナー)を探し出し、 出会うまでのお膳立ては、「めぐり逢えたら」にちょっと似ている気がします。
新しい愛にときめく気持ちと、今もなお、亡き妻への愛を断ち切れない 切ない思いのなかで葛藤するギャレット。 手紙を見つけ、心惹かれてやって来たことを打ち明けられずに、 ギャレットに愛を見出そうとするテリーサ。 ストーリーは、舞台となる海辺の町の美しい風景と美しいBGM に添って流れるように進行していきます。

これは愛する人をなくした人、 あるいは愛する人を失ったことのある人にとっては涙なくして見ることはできないのではないかと思います。

ラストの展開は、せつな過ぎて言葉がみつからないです。 ギャレットの父役のポール・ニューマンの演技はステキでした。

お気に入り度★★★★ おすすめ度★★★☆

☆応援してくれた方どうもありがとうございます(^^)☆
気に入ったらクリックしてね☆

こちらも押してくれると嬉しいですー!☆



                人気ブログランキングへ  

2006/11/15

バッファロー'66 

ヴィンセント・ギャロが監督・脚本・主演・音楽をこなし、 独自のアート感覚が光る魅力的な作品です。 冒頭からこてこてマイナー@風味だなと思いつつ、 作品の流れにハマってしまいました。

バッファロー'66バッファ ロー'66
ポニーキャニオン 2000-03-17
売り上げランキング : 47735
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

製作年 : 1998年
製作国 : アメリカ
原題:Buffalo '66
監督・原案・脚本・音楽:ヴィンセント・ギャロ
キャスト:ヴィンセント・ギャロ、クリスティーナ・リッチ、アンジェリカ・ヒューストン、ベン・ギャザラ、ケヴィン・コーリガン


あらすじ
1966年にニューヨーク州バッファローで生まれたビリー・ブラウン(ヴィンセント・ギャロ)は、5年ぶりに刑務所から釈放され、故郷に帰ることになる。ところが彼はこの5年 の空白を、政府の仕事で遠くに行っていたと両親に偽っていた。そればかりか、自分は成功し、裕福で、妻もいるという嘘まででっち上げていた。このまま家に帰る わけにはいかないビリーは、ダンス・スクールでレッスン中だった少女レイラ(クリスティーナ・リッチ)を拉致し、両親の前で妻のふりをするよう脅迫する。(goo映画より)

ネタバレあります。
出所したばかりの男ビリー・ブラウンが、行きずりの女性レイラを妻に仕立てあげて見栄を張って生家の両親を訪ね、頭の片隅ではある男への復讐を図り…と、 ス トーリー的にはごくシンプルなのに、エキセントリックで独自の不思議な世界が印象的でした。
二人が引きずっている寂しさや渇望や心の痛みがチクチク、胸に刺さってきます。 たとえば、ビリーの乱暴とも言うべき言動、その影でトイレで”もう生きていけない・・・”と、 いきなり泣くシーン、 これには胸が張り裂けそうなほどジーンときました。 また、レイラがビリーの家族と囲む奇妙な食卓の雰囲気、必死に笑う可愛いレイラ。 クリスティーナ・リッチの演技がすごくカワイイです。 そしてレイラのタップシーン。二人のベットで横たわるシーン、 どれをとっても、切なくて噛み締めたくなるような”絵”なんです。 不器用な二人がラストにかけてほんの少しずつ心が重なって行く 切なくて可愛い映画でした。
ビリーは情けないダメ男なんだけど、泣かせてくれます。

それにしても、ギャロは画家、フォトグラファ、ファッションモデル、 バスキアと組んだバンド活動、 バイク・レーサー、…と実に さまざまな才能あふれた人だと知って驚愕~。

ちょっと異色作品が好きな人にはおすすめです。
お気に入り度★★★★☆
おすすめ度★★★★

☆応援してくれた方どうもありがとうございます(^^)☆
気に入ったらクリックしてね☆

こちらも押してくれると嬉しいですー!☆



                人気ブログランキングへ  

2006/11/03

イルマーレ(The Lake House) 


2年前を生きるアレックスと、2年後を生きるケイト・・・
本作品は2001年に公開された韓国映画「イルマーレ」のリメイク版。 私の大好きなタイム・パラドックスをキーポイントにした、ファンタジックなラブストーリーです。 最初から最後までロマンティックにしっとりと詩情豊かに綴られてゆく素敵な映画でした。
主演は、キアヌ・リーヴスサンドラ・ブロック。1994年に大ヒットした『スピード』以来12年ぶりの再共演です。
The Lake House (Widescreen 

Edition)
イルマーレ(The Lake House)
監督 : アレハンドロ・アグレスティ
出演 : キアヌ・リーブス 、 サンドラ・ブロック 、 ディラン・ウォルシュ 、 ショーレ・アグダシュルー 、 クリストファー・プラマー

あらすじ
シカゴの病院の医師であるケイトは、湖畔に立つガラス張りの家から引っ越すことになった。 家を出る時、次の住人に宛てて手紙を残した。「郵便物の転送をお願いします。玄関の犬の 足跡は元からありました」。新しい住人アレックは、玄関を見たが犬の足跡はなかった。 しかし翌日、迷子の犬がやってきて、ペンキで足跡をつけた。アレックは、このことをケイトに手紙で知らせる。 数回の手紙のやりとりからアレックは、ケイトが2年後の世界にいることを知る。2人の不思議な文通は続き、やがて愛し合うようになる。(goo映画より)

物語の流れの中で、タイム・パラドックスについて矛盾する部分がありますけれど、 そこはあえてあまり気にせず純粋にファンタジックなラブストーリーを楽しめるかがポイントかなーと思いました。
私は2回観たのですが、1回目の観賞の時はボーっとして観ていたもので後半、 過去のアレックス(キアヌ・リーブス)を軸にしたシーンなのか、2年後のケイト(サンドラ・ブロック)側の シーンなのかわかりにくいところがあったかな。 先読み好きの頭の回転が速い人なら、ある程度予想がついてしまう展開かもしれませんが、 私としては、アレックスとケイトが惹かれあっていく過程や、 埋められない2年という二人の時間の差の切ない様子が自然に描かれていて良かったです。 違う時間、違う空間に生きている二人。”手紙”でしか通じあう手段がないという設定の中に、 切なさが一層増していきます。 一番好きなのはエンディング。最後はハッピーエンドでとっても幸せな気分に浸れます。

好きなシーンはいっぱいあります。
以下ネタバレなので、観ていない方ごめんなさい。

ケイト(サンドラ・ブロック)がジャック(犬)とチェスをするシーン。犬もかわいいけれど、ケイトの雰囲気がステキ。
アレックス(キアヌ・リーブス)とケイトが2年間の時を挟んで一緒に同じ場所を散歩するシーン。
特にケイトが壁の文字を見つける所がぐっときます。
アレックスとケイトがダンスをするシーン。アレックスの切なさが、これまたグッと来ます。
アレックスがレストラン「イルマーレ」に、”2年後の明日”の予約をしに行くシーン。

ガラス張りの湖の家はステキでした。
是非行ってみたい。冬は寒そうですけどね。
それと、犬のジャック。メスなのに”ジャック”という名前なんですよね。
韓国版イルマーレにも犬が出てくるのかどうかは知らないのですが、 これってきっと、『スピード』の時の”ジャック”(ジャック演じるキアヌ)から取った名前に違いないと思ったのは私だけではないハズ。(笑)
映画のこういう遊び心が大好きです。


2001年に公開された韓国映画のオリジナル版『イルマーレ』も是非観たいと思いました。 カップルや、女性同士で観る映画としておすすめな作品です

ちなみに、韓国版の「イルマーレ」は、イタリア語で海を意味する”イルマーレ”という名の海辺の家が舞台だそうですが、 今回のリメイク版では、舞台は湖畔の家に変更されて、”イルマーレ”というレストランが登場するのですよね。 原題は「The Lake House」となっています。

お気に入り度★★★★☆
おすすめ度★★★★

☆応援してくれた方どうもありがとうございます(^^)☆
洋画 ランキングに参加中☆ ←マウスを絵にあわせてみてネ♪
クリックもしてみてね~!





                人気ブログランキングへ